主婦でも借りられる3つの方法

MENU

失敗しない!主婦がお金を借りる、3つの方法!

収入がない、専業主婦が借りるには

総量規制対象外の銀行系カードローン
配偶者貸付について

安定した収入がある主婦が借りるには

収入がある方は自身の需要で借入業者を選ぶ
(正社員に限らずパート、アルバイト、派遣社員)

現在、個人向け貸付けについては「総量規制」によって、年収の3分の1までと、借りられるお金の上限があります。
収入のない、”専業”主婦(主夫)は基本的に、自分の名義でお金をかりる事ができません。
これは、保証人がいても変わりません。
(借り過ぎ・貸し過ぎを防ぐ目的で、2010年6月18日に貸金業法が大きく変わり完全施行されました。さらに詳しく当ページ後記参照)

 

では、安定した収入のない専業主婦は、借入できないのでしょうか?

 

実は、上記の総量規制には「例外」があり、収入のない専業主婦が、キャッシングできる方法が2つあります。
それは、「銀行のローン」と、「配偶者貸付」です。
収入がない主婦が、闇金融(悪徳金融業者)にかからず安心して借入するためにも、この2つがおすすめです。

 

安定した収入がある主婦は、基本的にどこでも借入は可能です。
とはいえ、業者選びで返済方法、返済金額も大きく変わってきますので、失敗しないように、自身にピッタリの借入先を見つけましょう。

@収入がない専業主婦でも借りられる!総量規制対象外の銀行カードローン

銀行からの貸付は、「総量規制範囲外」となっています。
(年収制限がある改正貸金業法は、消費者金融等、貸金業者に対しての規制なので銀行のローンは該当しません。)

 

現在、大手の銀行もカードローンを発行しテレビCMや電車内広告でも見かける事が増えてきましたが、
このような銀行が発行しているカードローンであれば、専業主婦でも申し込みが可能です。
※借りれる可能性もありますが、原則は、配偶者に安定した収入がある必要があります。

 

家族にバレたくない!内緒で借りたい主婦がおさえておくべきポイント

配偶者や家族に内緒で借入したいという方も多くいます。
どうすれば、家族にわからないようにキャッシングできるか?
見つからずに利用できる、主婦がおさえておくべきポイントを紹介します。

 

まず、総量規制対象外の銀行運営のカードローンにインターネットから申し込みをします。
このような専業主婦向けの借入枠を用意している銀行であれば、旦那さんの審査(仕事場への在籍確認、収入証明等)や同意書を提出する必要なく、申し込みができます。

 

よく、専業主婦でお金を借りた事が、家族にバレるポイントは申し込みをしたあと。
審査時の電話確認(本人確認や在籍確認)や、契約後にローンカードが自宅への郵送されてきたタイミング、毎月の利用明細がポストに入っていて見つかるという事が多いです。

 

家族に内緒でキャッシング利用したい方は、下記のポイントを意識するだけで見つかる可能性はほぼなくなりますので参考にしてください。

チェック家族にバレないためのポイント

専業主婦でも借りれる総量規制対象外の銀行カードローンに申し込む

自分の電話番号(携帯電話番号等)で登録する

利用明細を郵送ではなく、ネット明細にする

主婦も専業主婦も借入OK!大手銀行カードローン

1位

東京スター銀行 カードローン
東京スター銀行のカードローンは一般的なカードローンに加えインターネットバンキング用のネットローンもあります。

ネットローンタイプなら東京スター銀行の口座を持っていなくても即日融資OK!
専業主婦でも借りられる限度額が決まっておらず、借りたい額で申込めます。
できるだけ多く借りたい・すぐ借りたい方におすすめのカードローンです。

 

申込みボタン

実質年率 融資額 総量規制
4.5%〜14.6% 10万円〜500万円 対象外
専業主婦申込OK

2位

じぶん銀行カードローン
じぶん銀行は都市銀行の三菱東京UFJ銀行と通信会社大手のKDDI出資のネット銀行です。

口座がなくてもOK、口座を持っていれば身分証明書の提出不要で手間いらずで借りられます。
スマホや携帯電話をauで契約している方のみ金利が優遇されるau限定割のサービスがあります。
金利優遇は他のカードローンにないので、auユーザーなら一押しのカードローンです。

 

申込みボタン

実質年率 融資額 総量規制
通常:
2.4%〜17.5%
auユーザー限定au割:
2.3%〜17.4%
10万円 〜 800万円
(専業主婦は30万円まで)
対象外
専業主婦申込OK

3位

新生銀行カードローン レイク
新生銀行カードローン レイク 新生銀行のレイクは無利息期間が利用できるサービスがあります

5万円までを180日間、または全額を30日間の2つから好きな方を選べます。
無利息期間内は金利実質0%!
どちらがいいかはシュミレーションですぐわかるので、得する方を選んでください。
女性専用窓口もあり、サービス充実度最大級のカードローンです。
主婦の方でもパート・アルバイトなどの安定した収入のある方はお申込みいただけます。

 

申込みボタン

実質年率 融資額 総量規制
4.5%〜18.0% 1〜500万円 対象外
専業主婦申込OK

4位

静岡銀行カードローン セレカ
地方銀行ながら、インターネットで全国で申込・借入ができます。

銀行ならではの低金利と毎月の返済も最少2,000円からで、返済の負担が心配な方にぴったり!
初回融資は他行口座でも振込融資の対応で、最短即日融資が可能です。
利息のキャッシュバックキャンペーン中で、実質最大45日間の無利息で借入可能です。

 

申込みボタン

実質年率 融資額 総量規制
4.0%〜14.5% 10万円〜500万円※ 対象外
専業主婦申込OK

※主婦・アルバイト・派遣社員は一律50万円まで・増額不可

5位

イオン銀行カードローン BIG
大手スーパーのイオンが手がける「イオン銀行カードローン」は数ある銀行カードローンのなかでも特に金利が低いため収入をもたない専業主婦の方でも月々の返済が負担になりません。

また、専業主婦の方でも50万円まで借りることができるため家計のやりくりにカードローンで借りたお金を役立てることができます。
スマートフォンやパソコンを利用して24時間申込みが可能ですから家事の合間に手続きを進めることもできます。

申込みボタン

実質年率 融資額 総量規制
3.8%〜13.8% 30万円〜800万円
(専業主婦は50万円まで)
対象外
専業主婦申込OK

6位

横浜銀行カードローン
地方銀行では日本最大規模のはまぎんは、都市銀行に引けをとらない低金利です。

月々の返済額は最低2,000円からなので、低金利で借りて少しずつ返したい場合にぴったりです。
口座を持っている人は即日融資に有利、〈はまぎん〉マイダイレクトの利用なら24時間借入も返済もできて便利!
申込は神奈川・東京と、群馬の一部都市に限定のカードローンですが、契約後はコンビニなどの提携ATM利用で借入と返済ができます。
借入限度額300万円までは収入証明書は不要なので、専業主婦にもおすすめです。

申込みボタン

実質年率 融資額 総量規制
1.9%〜14.6% 10万円〜1,000万円 対象外

お仕事をしている方なら申込めます

パートやアルバイトなどで収入のある主婦におすすめなのがアイフルのSuLaLi。
女性向けカードローンで専用ダイヤルのオペレーターも全員女性です。
困ったことやわからないことも相談しやすく、初めてのカードローン利用でも安心。

 

手続きはweb完結で来店せずに申込から契約・利用までが可能、ローンカードには見えないオシャレなカードでお財布に入れていても違和感はありません。

 

メールでできる本人確認書類の提出は、確認書類と同時に顔写真をおくることで在籍確認の電話がありません。

SuLaLi(スラリ)

アイフルの女性向けローンのSuLaLi(スラリ)は借りすぎや返済が心配な方におすすめ!
限度額は10万円まで、毎月の返済額は4,000円でOKです。
WEB契約で全ての手続きが専用フォームやメールでのやりとりで完了!
消費者金融のものとはわからない可愛いデザインのローンカードで、万が一お財布を見られても安心です。

申込みボタン

実質年率 融資額 総量規制
18.0% 10万円
(再審査次第で増額可能)
対象外
専業主婦不可

A夫婦での収入を合わせて「配偶者貸付」で借りる

年収のない主婦に対して、総量規制の救いの策ともいえるのが、「配偶者貸付(例外貸付)」です。
「夫婦の年収を合算して、二人分の年収の3分の1までお金を借りられる」という制度です。
注意点としては、年収だけではなく、借入総額も二人分合算になります。

 

配偶者貸付に必要書類

  • 配偶者の「同意書」
  • 配偶者との婚姻関係を示す書類(※1)
  • 配偶者の年収を証明する書類(※2)

 

(※1)住民票又は戸籍抄本 等
(※2)税務署印のある確定申告所、所得証明書、源泉徴収票 等

 

下記に配偶者貸付をおこなっている業者は少ないですが、下記に紹介しますので参考にしてください。

B 収入がある方は自身の需要で借り入れ業者を選ぶ

アルバイト、パート、派遣社員など安定した収入がある兼業主婦の方は
基本的に、消費者金融や、信販系、上記の銀行が発行しているカードローン、どこでも借りる事が可能です。

 

とはいえ、金融会社毎にそれぞれ特性があり、金利や融資額、返済方法も違います。
一番、自身の利用プランにあった、お得に借りれるカードローンをみつけたいですね。

 

大手で安心して借入できるおすすめの業者を紹介します。比較の参考にしてください。

 

収入がある、なしにかかわらず、失敗しないキャッシング方法については
「どのような点で比較していけば失敗しないか」を参考にしてください。

 

カードローン申し込み方法

カードローンの申し込み方法は、
インターネット環境さえあれば、PC(パソコン)、モバイル(携帯、スマートフォン)、からでも簡単に申し込み可能です。

 

申し込みから審査まで、WEBで完結の業者も増えています。
インターネットから申し込みをして、審査を待つ。審査に通ってから、テレビ窓口に行き契約、ローンカードの受け取りという流れが一般的です。

 

インターネットで申し込みした場合には、最短で即日中に審査結果もわかり、借り入れまで完了(口座に振り込みしてもらえます。)できる場合もありますので、各社申し込み時間を確認してください。

主婦の上手なキャッシング使い道

今あるカードローンは、フリーローン(使い道自由)が主ですので、ダイエットプログラムやエステに使ったり、子供の教育費用や、資格取得代金、結婚式参加のご祝儀や、引越し等の急な需要にも対応可能です。

 

実際に女性100人に、どんな使用用途でカードローンを契約したのか、アンケートをとりました。

100人の女性に聞きました!カードローンで借りた理由は?

主婦のカードローン借入理由

借りた理由 100人中の人数 具体的な理由
生活費の補填 17人 生活費が足らないため
車関係 13人 ローンの一括返済・車検費用・修理費用・免許取得費用など
買い物(生活用品以外) 10人 洋服・バッグ・時計など(ブランド品購入含む)
引越し・冠婚葬祭 9人 ・引越し:引越し費用が足らないため

・冠婚葬祭:葬式・結婚式の費用、香典・お祝いが重なったため

娯楽・エステ 7人 ・娯楽:旅行・帰省の交通費、レジャー、飲み会など

・エステ:エステ・ウェディングエステ、脱毛の費用など

新婚旅行 6人 新婚旅行の費用、おこずかい
医療費・教育費 4人 ・医療費:家族の入院費用・歯の部分矯正など

・教育費:学費・習い事の月謝、留学費用など

税金の支払い

配偶者に頼まれて
買い物(生活用品)
借入の返済

各3人 ・税金の支払い:住民税支払いのためなど

・配偶者に頼まれて:旦那に頼まれて仕方なくなど
・買い物(生活用品):自転車・羽根布団・洗濯機の購入
・借入の返済:借金をまとめる・カードローンの返済

その他 各1名 携帯電話の支払い、自分のおこずかい

キャッシングがはじめての場合には、不安があるかもしれませんが、計画的な利用によって、うまく活用している方も多くいます。

押さえておきたい専門用語解説

総量規制

2010年6月18日に、貸金業法にて施行された、個人向けの貸し出し合計(総借入額)が年収の3分の1までしか借りられない規定です。
貸金業に対して対象となりますので、消費者金融や信販系の会社からのキャッシング、クレジットカードに付帯したキャッシング枠についても、この総量規制の対象となります。

 

クレジットカードのショッピング枠や、リボルビング払い等の分割で支払う場合(「割賦販売法」が適用)も「貸金業法」は適用されず、総量規制対象外となります。

 

当サイト上記にもありますが、銀行から借り入れする場合には、総量規制の制限には、抵触せず対象外となっています。

 

収入金額に関わらず毎月安定収入のある主婦は銀行カードローン・消費者金融どちらからでも借入可能ですが、収入が全くない専業主婦は総量規制対象外の銀行カードローンのみ借入可能となっています。
専業主婦の借り入れについては下記参考サイトにて詳しく紹介しています。
(参考元:【専業主婦限定】スマホ対完結!内緒で借りられる銀行カードローン

 

「除外」、「例外」の貸付もありますので、詳しくは金融庁のWEBサイトにてご確認ください。(金融庁/貸金業法Q&A
→http://www.fsa.go.jp/policy/kashikin/qa.html#03)