主婦の借入の限度額

MENU

借入限度額はどうして決まるの?

いくら借りられるか悩む女性

カードローンの借入額は審査によって決定されます。
審査では年収・職業・他社借り入れや返済状況など総合的に判断されます。

 

最も重視されるのが収入です。
仕事をしており安定収入が多ければ多いほど利用限度額も高くなるとされています。

 

返済能力も判断材料になります。
すでに他社から借りていてその借入額が多い場合や、返済に遅延がなかなども見られます。

 

収入が多くてもすでに月々の返済額が多かったり、返済日を守らなかった履歴が残っている場合は
最高額の上限が低くなる可能性が高くなります。

 

無職の専業主婦の場合

銀行カードローンの場合

銀行が運営するカードローンでは収入のない主婦でも、配偶者に安定した収入があれば借りられます。(総量規制対象外)
しかし旦那の収入のみで生活しながら返済もしていかなければならないことを考慮し、
最高限度額は低く抑えられています。

 

配偶者の収入が多くても借入れ限度額が増えることはありません。

消費者金融の場合

消費者金融は総量規制の対象となり、申込み本人に収入がないと借りられません。
専業主婦は申込みできません。


専業主婦が借りれる銀行カードローンの借入限度額一覧

専業主婦の最高借入額は各銀行が自由に決めてよいことになっています。
各行おおむね30万円〜50万円に設定されています。

カードローン名 専業主婦の借入限度額
東京三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 30万円まで
東京スター銀行 カードローン 限度額指定なし(※)
みずほ銀行カードローン わたし応援ローンMyWing 30万円まで
イオン銀行カードローンBIG 50万円まで
新生銀行カードローン レイク 限度額指定なし(※)
セブン銀行カードローン 50万円まで
三井住友銀行カードローン 限度額指定なし(※)
楽天銀行スーパーローン 50万円まで
ジャパンネット銀行 限度額指定なし(※)

(※)限度額は設定されておらず、申込み時に希望額を入力し審査により限度額が決定されます。
この場合も生活費から返済することを前提に、30万円〜50万円程度であると考えられます。

主婦の借入限度額

仕事を持っていて自分に収入のある主婦は銀行カードローン・消費者金融どちらでも借りられます。
限度額は審査次第です。

 

銀行カードローンの場合

専業主婦のように「30万円まで」という縛りもありません。
消費者金融とは違い「総量規制対象外」ですので、すでに別のカードローンで借入があっても限度額に制限はありません。
あくまでも審査次第といえます。

 

消費者金融の場合

限度額に対する基本的な考えは銀行のカードローンと同じです。
違いは「総量規制」です。

 

消費者金融に適応される借入額を制限する「総量規制」とは?

多重債務者を増やさないための法律で、借りられるのは『年収の1/3まで』と決められています。
わかりやすく年収300万円での例を紹介します。

 

例:年収が300万円の場合

現在の借入がない 300万円の1/3の100万円まで借りられる
すでに50万円の借入がある 300万円の1/3の100万円まで借りられるが、すでに50万円借りているので、あと50万円までなら借りられる

最高収入の1/3まで借りられますが、やはり審査次第です。

最高限度額まで借りられる?

カードローンには「ご利用限度額最大500万円」など最も多く借りられるキャッシングの限度額が設定されていますが、現状では収入が多くても、最初から最高限度額を借りることはとても難しい、不可能に近いといわれています。

 

その最大の理由は「信用貸し」であることです。
銀行のカードローンでも消費者金融でも保証人なし・担保なしでキャッシングできます。

 

審査の過程で「この人になら○万円までなら貸しても確実に返してもらえる」額が限度額として設定されます。
しかしこれまで全く取引のない人は審査しているとはいえ、返済に関しては未知数です。
きちんと返済期日を守れるかどうかも不明です。

 

その点を考慮して、まず最初は多くても融資限度額を50万円程度とする金融機関がほとんどです。
借入・返済を繰り返していれば「借入限度額増額」が可能なキャッシングもあります。

限度額増額はどうすればいいの?

まずは取引実績を積む

返済日は必ず守り、遅延のない様にして「信用」の実績を積んでください。
取引実績は半年以上が目安とされています。

 

増額申請をする

借入をするとカードローン会社の会員ページにログインすることができます。
会員ページから増額申請ができます。

 

またはお問い合わせの番号連絡すると「申し込みを検討されている方」「すでに取引がある方」というガイダンスが流れます。
「すでに取引がある方」をから増額したい旨をオペレーターに伝えましょう。

 

限度額増額審査

増額には必ず審査があります。
審査通過後にいくら増額可能かの連絡があります。

 

専業主婦でも増額は可能

取引実績を積めば専業主婦であっても増額が可能です。

専業主婦の融資増額可能金額一覧
カードローン名 専業主婦の借入限度額
東京三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 50万円まで
東京スター銀行 カードローン 増額受付なし、増額希望の場合全て返済後解約、再申し込み再審査
みずほ銀行カードローン わたし応援ローンMyWing 増額できず30万円まで
イオン銀行カードローンBIG 増額できず50万円まで
新生銀行カードローン レイク 増額できる金額に上限はなく、審査による
セブン銀行カードローン 職業によらずローンの限度額が50万円まで、50万円の場合増額無し
三井住友銀行カードローン 専業主婦は収入証明が不要な300万円まで
楽天銀行スーパーローン 増額できず50万円まで
ジャパンネット銀行 増額申請不可

目的別ローンの限度額

借り換えローンやおまとめローン

複数の借入を1つにまとめるタイプのローンがあります。
こちらは収入のある主婦なら利用可能です。

 

何社から総額いくら借りているかを申請します。
審査に通れば現在の借入総額と同額を借りられます。

 

リフォームローンや教育ローン

使用目的が限られるローンです。
このタイプのローンのメリットは金利が安く借りられることです。
申込みには見積書や納付書など、本当に支払うということの証明が必要です。

 

※いずれも収入があることが条件とされていますので、専業主婦の借入は不可です。

このページのまとめ

  • 限度額は審査によって決まる
  • 専業主婦は最高限度額が決まっている、収入のある主婦は最高年収の1/3まで借りられる
  • 最初から最高限度額を借りることはできない
  • 審査により限度額を増額することは可能
  • 目的ローンは収入のある主婦のみ申込みが可能