主婦が低金利で借入

MENU

金利とは?

キャッシングで借入したお金(元金)にプラスして支払う利息です。
利息はキャッシング会社の儲けになります。
金利が高ければ高いほど、毎月の返済額が大きくなります。
東京三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックを例に紹介します。

 

バンクイックの金利:4.60%14.60%
4.60%が最低金利、14.60%が最高金利です。

 

審査で4.60%〜14.60%の間でどの金利で借りることになるのかが決まります。

 

年率・利息・年利との違い

カードローンでは金利のことを「実質年率」と呼びます。
厳密に言えば金利・年率・年利・実質年率には違いがありますが、おおむね同じ意味として考えてもOKです。

金利はどうして決まるの?

金利は申込者の借入限度額によって決まります。
「この金額まで貸せる人はこの金利になります」というのがあらかじめ決まっています。
みずほ銀行カードローンを例に金利を紹介します。

 

みずほ銀行カードローンの金利一覧

利用限度額 金利
10万円以上100万円未満 年14.0%
100万円以上200万円未満 年12.0%
200万円以上300万円未満 年9.0%
300万円以上400万円未満 年7.0%
400万円以上500万円未満 年6.0%
500万円以上600万円未満 年5.0%
600万円以上800万円未満 年4.5%
800万円以上1,000万円以下 年4.0%

金額を多く借りれば金利が低くなるのではありません。

 

金利の具体例

  • 限度額が50万円の人が10万円借りるときの金利 ⇒ 年14.0%
  • 限度額が550万円の人が10万円借りるときの金利 ⇒ 年5.0%

あくまでも限度額がいくらなのかが基準になります。

 

金利をパーセンテージをいくらに設定するかは貸金業者が自由に決められますが、最高○%まででなければならないというのが利息制限法で決められています。

利息制限法とは?

貸したお金(融資額)に対して「ここまでなら金利として認めますよ」という利息の上限の線引きを示した法律です。

融資額が10万円未満 20%まで
融資額が10万円以上100万円未満 18%まで
融資額が100万円以上 15%まで

例:審査で利用限度額が50万円の人には18%を超えなければ何%に設定してもOK、18%を超えたら違法

 

利息制限法以上の金利の業者は闇金の可能性が高いと考えられます。
申込みしてはいけません。

金利から利息が計算できる

金利が決まればどの位利息を支払わなければいけないのかが計算できます。
計算式に当てはめるだけでOKです。

 

元金(現在借りている金額)×実質年率÷365日(うるう年の場合は366日)×借りた日数=利息

 

計算例

例:30万円を実質年率15.0%で30日間借りるた時の利息

30万円×15.0%÷365日×30日=3,698円(小数点以下切捨てで計算)

 

例:30万円を実質年率13.0%で30日間借りるた時の利息

30万円×13.0%÷365日×30日=3,205円(小数点以下切捨てで計算)

 

同じ30万円を30日借りた場合、15.0%なら利息は3,698円、13.0%なら3,205円の利息の支払いが必要になります。
できるだけ金利が低い金融機関で借りるほうがお得です。

主婦に適用される金利

専業主婦の場合

専業主婦は総量規制により銀行運営のカードローン(総量規制対象外)からしか借り入れできません。
無職の専業主婦は主人の収入のみで生活していることを考慮し、毎月の返済が生活費の中から無理なくできるように利用限度額が少額に規制されています。
各社で違いがありますが、最高限度額を30万円〜50万円としている銀行が多く、必然的に最高金利で借りることになります。

 

主婦の場合

収入のある主婦は銀行カードローンに加え、消費者金融からも借入可能です。
金利は審査にて決定しますが、新規申込みでは極度額が50万円を超えることはありません。
(参照:主婦の借入限度額調査!私はカードローンでいくら借りれるの?)

 

最初は最高金利での借入となります。

 

人気の大手カードローン実質年利一覧

カードローン名 金利 区分
東京三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 4.60% 〜 14.60% 銀行カードローン(総量規制対象外)専業主婦申込み可
東京スター銀行カードローン 4.5%〜14.6% 銀行カードローン(総量規制対象外)専業主婦申込み可
みずほ銀行カードローン わたし応援ローンMyWing 9.0%〜14.0% 銀行カードローン(総量規制対象外)専業主婦申込み可
イオン銀行カードローンBIG 3.8%〜13.8% 銀行カードローン(総量規制対象外)専業主婦申込み可
新生銀行カードローン レイク 4.5%〜18.0% 銀行カードローン(総量規制対象外)専業主婦申込み可
セブン銀行カードローン 15.0% 銀行カードローン(総量規制対象外)専業主婦申込み可
三井住友銀行カードローン 4.0%〜14.5% 銀行カードローン(総量規制対象外)専業主婦申込み可
楽天銀行スーパーローン 4.9%〜14.5% 銀行カードローン(総量規制対象外)専業主婦申込み可
ジャパンネット銀行 ネットキャッシング 2.5%〜18.0% 銀行カードローン(総量規制対象外)専業主婦申込み可
西日本シティ銀行キャッシュA(エースプラス) 13.0%〜14.95% 銀行カードローン(総量規制対象外)専業主婦申込み可
オリックスVIPローンカード 3.0%〜16.8% 銀行カードローン(総量規制対象外)専業主婦申込み不可(※)
オリックス銀行カードローン 3.0%〜17.8% 銀行カードローン(総量規制対象外)専業主婦申込み不可(※)
プロミス 4.5% 〜 17.8% 消費者金融(総量規制対象)専業主婦申込み不可
アコム 4.7% 〜 18.0% 消費者金融(総量規制対象)専業主婦申込み不可
モビット 4.8% 〜 18.0% 消費者金融(総量規制対象)専業主婦申込み不可

(※総量規制対象外の銀行カードローンであっても、専業主婦には貸し出し不可という銀行です)

 

金利は安くしてもらえるの?

銀行カードローンでは一旦契約して決まった金利は変更できません。
収入ありの主婦であれば一旦完済するか、増額申請するなどで借入限度額を増やせば金利が下がることはあります。

 

※専業主婦の場合、銀行カードローンでしか借りれないため金利を下げてもらうことはできません。

 

消費者金融は金利交渉可能

消費者金融は銀行より多少融通が利きます。
利用者からの金利引き下げの申請があった場合のみ、再審査ののち金利を下げてもらえる可能性があります。

 

審査結果次第となりますので、必ず下げてもらえるとは限りません。
半年程度の返済実績は必要です。

無利息期間が利用できるキャッシング

銀行カードローンなら新生銀行カードローンのレイク、消費者金融会社ならプロミスとアコムに無利息期間があります。
無利息期間とは「新規に借りれる方のみ」の条件付で、一定期間の間は年率0%で借りれるサービスです。

 

新生銀行カードローン レイク 借入金額全額を30日間、または借入金額の5万円までを180日間(5万円以上の金額は通常の金利が適用されます)が無利息になる
プロミス・アコム 借入金額全額を30日間が無利息になる

 

無利息期間のメリット・デメリット

無利息は一見お得に見えますが、無利息の適用期間が終わると通常の金利がかかってきます。
無利息のサービスがあるカードローンは、最低金利が高めが多いです。

 

無利息期間の間に完済できる見込みがあるのであれば、利息を1円も支払わずに済むので大変お得になりますが、
完済までに時間がかかる見込みであれば、無利息にこだわらず最低金利が安いカードローンがお得になります。

おまとめローン利用で金利は下げられる

おまとめローンはすでに複数の会社からの借入を1本化するためのローンです。
各社の借入残高を1つにまとめることで、おまとめローンに借り換えると1社の借入金額が大きくなる分、利息が下がる仕組みです。

おまとめローンの仕組み

  • A社:金利18%で20万円借りている
  • B社:金利18%で15万円借りている
  • C社:金利18%で25万円借りている

3社からそれぞれ18%で借りている場合、A社+B社+C社の合計金額60万をおまとめローンとして他のカードローンで借り換える ⇒ 60万円借りられた ⇒ 限度額が上がることで金利が下がる

 

本当に金利が下げられるのかの確認ができる

おまとめローンには登録なしに無料で利用できる返済シュミレーションが利用できます。
本当に金利を下げることができるのかを確かめるために、申込み前に利用しましょう。

 

※おまとめローンを申込めるのは収入のある主婦のみです。
専業主婦は申込めません。

カードローン以外でお金を借りるときの金利

目的ローンの金利

自動車ローン(マイカーローン)や教育ローン、リフォームローンと呼ばれる借りたお金の使い道が指定されている目的別ローンです。
カードローンとは関係なく、銀行のサービスの1つになります。

 

通常のカードローンは会社の運営資金など事業目的では申込み不可ですが、仕様用途は自由ですので家計の足しに使っても構いません。
しかし目的ローンは使用目的が決まっている分、金利は低く抑えられている特徴があります。
東京三菱UFJ銀行の場合を例に紹介します。

 

東京三菱UFJ銀行の場合

  • マイカーローン:年率2.975%
  • 教育ローン:年率2.75%〜2.975%
  • リフォームローン:年率1.99%〜2.875%

※目的ローンは必ず目的に使う証拠として、申込み時に教育ローンなら納付書、マイカーローンなどは見積書などの提出が必要になります。
収入がある方が対象ですので、専業主婦は申込み不可です。

 

クレジットカードでのキャッシング枠で借りるときの金利

クレジットカードのキャッシング枠を利用して現金を借りることもできますが、多くのクレジットカードの金利は18%になっています。
VISAカードを例に説明します。

 

VISAカードの場合
一般カード会員の場合 5万円〜99万円:18.0%、100万円〜300万円:15.0%
プラチナカード会員・ゴールドカード会員・プライムゴールドカード会員の場合 5万円〜99万円が15.0%、100万円〜300万円:14.4%

現金を借りるならカードローンのほうが断然金利が低く借りられます。